つや肌実現!毛穴ケア大百科
毛穴ケアにいちばん大切なアイテムとは?

毛穴の角栓

目立ってしまう毛穴の原因のひとつ、角栓。なにが原因で、どうすれば目立たなくなるのか、調べてみました。

毛穴の角栓をすっきり取り除く方法は

角栓が毛穴につまっていると、メイクをしても毛穴が目立ってしまったり、黒ずんで汚く見えたりします。

毛穴パックを使って取り除いても、またしばらくすると角栓が詰まってしまうなど、一向に減らない角栓に悩んでいる方も多いことでしょう。

なせ角栓が毛穴につまってしまうのか、その原因を知って角栓を的確に取り除き、つるつる肌を目指しましょう。

毛穴の角栓の原因は

毛穴につまる角栓の70%は古い角質だと言われています。

皮脂の過剰分泌によって皮脂がつまってしまうこともありますが、ほとんどの場合、落ちなければいけない角質が、肌に残って硬くなってしまうことが角栓の原因です。

例えば、加齢によって肌のハリや弾力が低下すると、皮膚がのびて毛穴が開いてしまいます。

さらに肌のターンオーバーが遅くなることで、本来落ちるはずの角質が落ちないまま肌に残り、広がった毛穴の入り口をふさいでしまうのです。

毎日のお化粧の洗い残しやほこりなどが肌に残ることも角栓の材料となってしまいますし、角栓を落とそうとしてしつこくマッサージすると角質層に傷がつき、肌を守るために肌自らが角質を生み出すので、毛穴がさらにつまってしまうこともあります。

白っぽい角栓がちらりと見えて気になる程度ならまだ良いのですが、長時間にわたり角栓が肌に残っていると、酸化して黒くなります

これがいわゆる「黒ニキビ」と呼ばれるもので、さらにこの汚れを餌にアクネ菌が増えることで、炎症の起きる「赤ニキビ」ができてしまうことも…。

赤ニキビに悪化すると痛みもあり、見た目もよくありません。

肌トラブルの原因となる角栓は、きちんとした対処法で早めに解消しておくことが大切です。

毛穴の角栓の対策方法

毛穴を柔らかくして、角栓を取れやすくする

肌や毛穴が硬くなると、角栓が取れにくくなります。

肌や毛穴を柔らかくするには、角栓が目立ちやすい鼻など、気になる部分を優しくマッサージしてあげましょう。

小鼻の場合は、両手の中指と薬指を挟むようにあてて、鼻を上下左右、回すように動かしていきます。

これを週2~3回行うことで肌や毛穴が柔らかくなり、角栓が取れやすくなります。

毛穴をつまらせる角質を肌から取り除く

古い角質を肌からきちんと取り除くことで、角栓の発生を予防します。

クレンジング前に蒸しタオルを使ったり、定期的にピーリングをしたりするなどして、古い角質を肌に残さないようにしましょう。

不要な角質が生み出されないようにする

肌が乾燥していたり角質層に刺激をあたえたりすると、不要な角質が生まれます。

これを予防することで、角栓の予防にもつながります。

洗顔をするときはお湯で洗わない、洗顔ブラシで肌をこすらない、長時間肌を洗わない、洗顔後はしっかり保湿するなどして、特にクレンジングと洗顔時の負担を取り除くように気をつけます。

またふだんの生活でも、紫外線対策を行う、睡眠時間をしっかりとる、バランスの良い食事をするなど、肌のターンオーバーを整える生活習慣を心掛けましょう。

イチオシ!毛穴に効く石鹸!
bottom
リンク

毛穴の悩みを一気に解決!
肌を整える
おすすめ石鹸
ランキング

pagetop