つや肌実現!毛穴ケア大百科
毛穴ケアにいちばん大切なアイテムとは?

あごの毛穴ケア

角栓毛穴があごによく起こるトラブルです。ここではその原因と解消方法を紹介します。

あごの毛穴に多い悩みは“角栓”

毛穴の悩みのなかでもあごに多いのは、角栓のつまりです。

ぽつぽつと白い角栓が毛穴に埋まっていることで、ザラザラとした手触りに感じられます。

額や鼻とは違って、あごは皮脂の分泌が活発ではありませんが、毛穴の詰まりや炎症がおきやすく、あごにきびに悩んでいる方も多いようです。

あごにきびがさらに大きく硬くなった吹き出ものである毛嚢炎(もうのうえん)や、面疔(めんちょう)ができてしまうこともあります。

この部分のにきびや吹き出ものは目立ちますので、対策をして予防するのが一番です。

そこで、あごの毛穴トラブルの原因と解消法を紹介します。

あごの毛穴トラブルの原因は

あごに起きる毛穴トラブルの原因は、おもに角栓によるものです。

角栓とは肌に残ってしまった古い角質やメイク汚れ、ほこりなどが皮脂と混ざり合ってできるもの。

あごは額や鼻に比べると、顔の中では皮脂分泌量が多い部分ではないのですが、下唇の下などへこんでいる部分があるため、きちんと洗うのが難しいうえ、食べ物などでも汚れやすい部分です。

そのため、汚れはあごの毛穴にたまりやすくなります。

あごの毛穴にたまった汚れを、毎日の洗顔でキレイに落としきれていないと、次第に毛穴をふさぐ角栓となります。

これがあごのザラザラの原因です。

角栓が酸化すると黒ずみとなり、さらに気にして汚い手で触ったりすると、今度は炎症を起こしてにきびとなってしまうのです。

あごの毛穴トラブルを解消するには

あごの毛穴対策は、毎日きちんと汚れを洗い落とし、余計な角質をためないことが一番です。

あごまわり、特に唇の下はくぼんでおり、汚れがたまりやすい部分なので、丁寧に洗うこと。

洗うときは下唇を噛むようにして、くぼんでいる部分を前に出すと洗いやすく、汚れも落としやすくなります。

洗顔をしたあとはすすぎ残しがないように、しっかりと流してください。

手のひらに水をためてすすぐのもよいでしょう。

また、ピーリング成分を配合したクレンジングで、定期的にあごの毛穴を洗浄してあげるのも良い方法です。

古い角質をはがしてくれるため、毛穴がつまりにくくなり、あごのにきび対策に効果があります。

あごにきびがひどい場合は、油分を抑えて保湿するのが有効です。

乾燥して角質が硬くなると、毛穴をよけい塞いでしまうので、ふだんから肌を保湿して角質が硬くなるのを防ぎましょう。

スキンケアは目もとや鼻、口もとが中心になりがちですが、あごも忘れずにケアしてあげることが大切です。

正しいスキンケア方法でつるつるのあごを手に入れましょう。

イチオシ!毛穴に効く石鹸!
bottom
リンク

毛穴の悩みを一気に解決!
肌を整える
おすすめ石鹸
ランキング

pagetop