つや肌実現!毛穴ケア大百科
毛穴ケアにいちばん大切なアイテムとは?

しっかり保湿で毛穴ケア

なめらかなお肌を保つには、洗顔石鹸の成分も気にしたいものです。ここでは保湿に関する成分を紹介します。

洗顔料に含まれる保湿成分の毛穴への効果は?

肌を清潔に保つために欠かせない洗顔ですが、汚れと一緒にうるおいも流してしまう心配があります。

そこで、洗顔石鹸に含まれている成分の中でも、もっとも気になる保湿成分を紹介します。

洗顔料を選ぶ時は、これらの成分が配合されているかどうかも、ぜひ積極的にチェックしてください。

保湿成分一覧

セラミド

セラミドは角質層にある細胞と細胞の間に存在する成分で、水分や油分をスポンジのように抱えこみます。

細胞間脂質の主成分であり、肌から水分が蒸発するのを防いだり、外部からの刺激や細菌をブロックする働きがあるため、肌の潤いには欠かせない成分です。

加齢によってセラミドが減少すると、肌が乾燥するため、かゆみや炎症などの問題も起きやすくなります。

コンドロイチン

コンドロイチンは関節に良いと言われていますが、実は美容にも効果の高い成分です。

水分を保持する働きが優れているため、肌細胞に潤いをあたえ、ふっくらとしたみずみずしい肌を作り出すことができます。

また、弾力やハリのある肌を作る効果もあり、肌を健康に若々しく保つことができます。

ヒアルロン酸やコラーゲンとも相性が良く、エイジングケアには欠かせない成分です。

グリセリン

グリセリンとはアルコールの一種で、「グリセロール」とも呼ばれています。

強い吸湿性があるため、水分を外部から取り込み保湿する効果が強い成分です。

くわえて肌を柔らかくする効果もあるので、保湿しながらもちもちとした肌が欲しい方にぴったり。

ヒアルロン酸との相性も良く、一緒に配合されていることがほとんどです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とはもともと体内にある成分で、水分を保持する能力に優れています。

細胞と細胞の間に多く存在し、クッションのような役割を担っています。

肌の保湿性や弾力を維持したり、肌のシワやたるみを予防したりするのも、ヒアルロン酸の役割です。

また、コラーゲンやエラスチンとの関係が深く、一緒に摂取することで肌のハリや弾力を効果的にアップすることができます。

尿素

尿素には角質を柔らかくする効果があります。

角質はたんぱく質であり、尿素にはたんぱく質を分解する働きがあるため、気になる部分に付けることでゴワゴワとした角質表面が分解されて、肌に柔らかさが戻ってきます。

また角質のはがれも早くなるため、肌のターンオーバーが整いやすくなる効果も得られます。

スクワラン

スクワランは潤滑性に優れた成分で、オリーブオイルやベニバナオイル、サメなどに含まれています。

人間の体内でも生成される成分で、皮脂膜として肌を雑菌や汚れから守る役割を担っています。

天然の保湿剤なので安全性が高く、皮脂膜と同様に肌のバリアとして働いてくれ、乾燥しがちな肌をしっかり守ってくれます。

ラウリン酸

ラウリン酸とはパーム核油やココナッツオイルに含まれている脂肪酸です。

一番の特徴は免疫力の強化作用で、雑菌などの外的刺激から肌を守ってくれます。

毛穴の黒ずみやにきび、乾燥といった肌トラブルも、免疫力を向上させるラウリン酸を摂ることで、改善される可能性が高まります。

肌を健やかに保つにも効果的な成分です。

イチオシ!毛穴に効く石鹸!
bottom
リンク

毛穴の悩みを一気に解決!
肌を整える
おすすめ石鹸
ランキング

pagetop